ハーブの用語集

2012/1/24 (火曜日) | Filed under: ハーブ塾

ハーブに関係する語句説明です。
●アッパー
上がるという英語に由来している言葉で、ハーブの使用により様々に上がることを示す。

アッパー系という種類に属しているものもあり、代表的なものはウィズ、ハイパーミックスなど
使用者各自により、どれほどアッパーを感じるのかに個人差があり、一概にそのレベルを定義することは難しい
またそのような効果をあげる種類の分類名称としても用いられている
●バッド
悪いという英語に由来している言葉で、悪い効果や良くない影響をさす場合に用いられる
合成ハーブの使用時の悪い状態とは、鬱や悪夢に似ている状態とも言われていて、吐き気や嘔吐、頭痛、胸焼けなど様々な症状が体中にあらわれるといわれている
バッドトリップとも言われている症状で、ハーブの使用時には大変良くない状態とも言える
バッドというのは避けることもできるものなので、ハーブの組み合わせ、使用量、体質などを考えておく必要がある
特に使用初心者が経験することが多く、身体に多くの症状があらわれることによりパニックを引き起こし、より悪い状態につながることがあるので注意する必要がある
バッドを避けるために、使用回数、量、組み合わせ、経験などをいくつも考慮する必要がある
●オーバードース
過剰摂取という英語を用いた、合成ハーブの過剰使用のことを指す言葉
ODと訳されていることもあり注意が必要
過剰摂取を引き起こす原因となるのは、使用量が定まっていないハーブの特徴とも言える
さらに個人差や耐性などのポイントによって、どこからがオーバードースになるのかということは一概にいえなくなるでしょう
使用者は、使用する中においてどれほどが適切な量であるかを見極めていき、さらに調整していくことが求められている
他の使用者の適正量が自分にも当てはまるとは限らないので、変化があらわれた場合にはオーバードースを疑うことが望ましい
●キメオナ・キメセク
ハーブなどを使用し決まっている状態で、オナニーやセックスをすることを指す言葉
快感がアップするとも言われていて、興奮作用なども関係していると言われています
●追い炊き
ハーブなどを何度も焚くことを指す言葉
使用時にハーブの効果が低下してきたときに、使用を止めるのではなく、何度も焚くことがあります
それによって継続的な効果を得ることができるとも言われています。
●ブレンド
混ぜるという英語に由来する言葉で、いくつもの種類のハーブを混ぜて使用することを意味している
別の表現として混ぜて楽しむものとして代表的なカクテルにひっかけて、カクるという言葉を用いることもある
一般的には販売されているものはもともとブレンドですが、そのブレンド製品を混ぜることも指している
●幻覚
ハーブの使用時に、本来見えないものと見てしまう症状を指す言葉
一般的に考えられているハーブは、幻覚症状のないものといわれていますが、個人差もあるものですので一概にまったくないとは言えないでしょう
実際体験として幻覚を感じているような方もいらっしゃるようです
また幻覚に似ている症状として、いつもとは違うように物事が見えるということも含まれているようです
例えば、普段は何も思わないものに魅力を感じるようになったり、美しく見えたりするということがあるようです
●郵便局留め
自宅に配達されるのではなく、郵便局までで配達を留められることを指す言葉
個人情報漏れや家族への情報漏れなどを回避するために、郵便局留めという方法を用いることができます
そうすることでインターネットショッピングなどで購入したことを他の人にそれほど知られることはないでしょう
もちろん配達には氏名などの情報が必要となりますが、漢字も使わないなどの方法を用いることで、より情報漏えいを抑えることができるようです
郵便局留めの方法としては、購入先の業者に対して郵便局留めであることを伝えて、配達後には郵便局にとりに行くことができます
以前から採用されている方法ですが、様々な状況の方が用いるために良いものと言えるのではないでしょうか
●多幸感
ハーブなどの使用により、より幸せや満足感を感じること
それほど強くは無いといわれていますし、個人差もあるものですからどれほどのものかははっきりしていません
●マンチ
ハーブの使用などにより、食欲が高くなっていくことを指す言葉
本来の意味は異なっているようですが、食欲増進として用いられています
●ブースターハーブ
ハーブなどを使用する際に、量を増すために用いられるハーブのこと
ブースターには加速などの意味がありますが、より利用価値を高めるという意味で用いられるようです
●ミラーショップ
インターネット上などにある、本来のショップが開いている支店のようなものを指す言葉
ネットショップの中でハーブを購入することができるショップはそれほど多くないと言われています
そのため、より購入者の目につくようにするために同じ形態のショップを作り販売を行っています
一見するとミラーショップと本店ショップというのは違うお店のように見えるので比較することができるかもしれませんが、ポイントをおさえて比較することで見分けることができるでしょう
ミラーショップを見分けるポイントというのは、商品ラインナップ、商品紹介、商品価格などが同じであるかどうかを見るということです
さらにショップオリジナルのハーブがある場合には、そのような特徴的な製品が比較のポイントとなることがあります
ミラーショップであっても購入できないわけではありませんが、商品比較の時間を取る点で間違いのないようにしていきましょう
●セッティング
ハーブの使用時に効果を高めるために行う事柄を指す言葉
薬やハーブというのは、効果があると思って用いるか、そうでないかによって受ける効果が違うといわれています
そのためセッティングをすることにより、効果があるということを信じ、集中してハーブなどを使用することができます
そうすることによって、より高い効果を受けることができるでしょう
もちろん逆も真なりですから、効果を信じなければハーブの使用効果は減退するといえるでしょう
●スマートドラッグ
頭に効果のあるハーブなどを指している言葉
スマートという名前には機能性の高い、頭の良いという意味が含まれています
ですからスマートドラッグとして分類されているものを用いることによって、そのように頭に対して効果のあることが期待できるでしょう
このような種類のものの中には、ピラセタム、ヒデルギン、パソプレッシンというものがあるようです

LINK
親鸞会は名古屋で仏教の講座を開いています。お気軽にお問い合わせください。

back to top

Sorry, the comment form is closed at this time.

back to top