どのように使用する?

2012/1/24 (火曜日) | Filed under: ハーブ塾

ハーブの使用について考えてみることにしましょう。
「観賞用として楽しむ」
ハーブを観賞用として楽しむことが一番よいかもしれません。

植物はそこにあるだけで存在感をもってくれますし、見ているだけで癒しを与えるものとなるでしょう。
さらに植物の持つ不思議な力は、ハーブとしての効果だけでなく、実際に多くの影響を心身に与えるものとなっていますので欠かすことはできないでしょう。
都会に住む方が、田舎に行き自然に触れるときにリラックスできるように、身近なリラックスポイントとして活用してみるのはいかがでしょうか。
「お香として楽しむ」
ハーブは香りを楽しむもの、お香として楽しむことができるでしょう。
どのような香りがどのような効果があるのかということは様々ありますので、一概に言うことはできませんが、自分自身が嗅いでいて芳しく、落ち着くものを選んでいくとよいかもしれません。
特に寝室のようなリラックスする空間に置いておく場合には、激しい興奮作用を持つ香りもある夜には必要となるかもしれませんが、毎日の就寝には向かないものといえるでしょう。
ですから生活する状況に合わせて、ハーブを用いて行くことができるでしょう。

ハーブの使用には、海外で行われているような様々な方法があります。
推奨できる方法とは言い難いですが、無知は一番の危険とも言われていますので知っておくことができるでしょう。
「吸引するものとして楽しむ」
海外では、タバコと同じように紙に来るんで吸引するためにハーブを用いているような方がいらっしゃいます。
そのための専用の紙巻の機械や専用紙も販売されていますので、かなり普通のことと言えるでしょう。
タバコの延長のように考えるかたも多いようですが、効果がきつくあらわれるときもありますので注意が必要ですし、推奨はできません。
●吸引のための道具の使用
海外では、ハーブの吸引用に様々な道具を使用するようになっています。
例えば、専用のパイプを用いることで紙の必要もなくなるといわれています。
またボングと言われる機械では、水を通してタールをカットできるので、良いもののように使用されています。
いずれにしても海外では一般的であり、日本においては推奨できないものといえることを覚えておきましょう。

■アダルト求人
熊本でデリヘルの求人を募集しています!ぜひお問い合わせください。

back to top

Sorry, the comment form is closed at this time.

back to top